赤い下着の女性

これから少しずつ変化していくセクキャバ

女性と花

キャバクラは知っていても「セクキャバ」は知らない?と言う人も多いと思いますので簡単にご紹介します。まず「セクキャバ」とはお酒が飲めて「おさわり」ありのキャバクラという感じです。地方や地域によっては多少違いますが、基本的には「ハッスルタイム」のような時間があり、照明が暗くなったり激しい音楽が鳴り、そして女の子を触りまくると言うシステムがあります。
ハードなお店の場合は下半身のお触りあり、女の子は入店時間内、ずっと1人のお客さんに付きっぱなしです。ハードではないお店の場合は下半身のお触りは駄目!女の子は10分ちょっとしか付かないお店もあります。そのお店によっても多少の違いはあるのですが、ずっと「ハッスルタイム」のお店もあります。
女の子が次から次へと入れ替わり、席に来て膝の上でずっとディープキスしながら胸や太ももをさわる事ができるお店もあります。中にはショーウィンドウのようなところに待機している女の子をお客さんが選んで、接客をしてもらい、お触りやキスなどのサービスをしてもらえるお店もあります。お客さんも女の子も上下脱ぐと営業停止になる可能性もあるので、まだ手探り状態で営業していると言う感じでしょうか。現在は基本的にグレーゾーンの職種なので、これから少しづつ変化していく風俗と言う感じです。